ツインブルック人間模様

さて、デアンドレと無事結婚したソフィアたん。
Screenshot-19.jpg
プレイヤーには素朴な疑問がありました。結婚パーティーをひらくと決まってアーチとウェディングケーキを用意するようにとのポップアップが出るのですが、結婚して相手の家に引っ越すことにすると途端にパーティーがおひらきになり、シムたちは慌てて結婚相手の家に移動しますよね?そこで思うのです「ケーキは?」カットせずにそのまま放置かい・・・。(´・ω・`)
するとソフィアたんもそう思ったらしく、結婚した後「ウェディングケーキをカットする」という願望を出してきました。そこで、ためしに結婚した後すぐにホームパーティーを開いて、ウェディングケーキを用意してみました。パーティーがこなれてきた頃、ソフィアたんにケーキをカットするように指示すると、無事夫婦でケーキをカットすることができました!カットの際にはファンファーレが鳴り、パーティーの参加者も二人に注目してワイワイとお祝いしておりました。
しかしそのゲストの中にはそれをよく思わない人が・・・デアンドレの元カノ、ゲイラ・ボールです。ケーキをカットした後、イチャイチャし始めた二人を見て「なによこれー!」と呆れたり嘆いたり。アナタ、デアンドレと別れたときは怒ったものの友達のままでステイしてたじゃないか・・・。しかしさすがのゲイラも自分より若い新妻とイチャイチャする元カレを見て腹に据えかねたようで、デアンドレとの友好度が一気に知り合いにまで落ちてしまいました。
Screenshot-22.jpg

ところで、そのパーティーでプレイヤーの目を引いたキャラクターが居ました。ひところのゴルチェを思わせるようなファッションのエイミー・ブルです。
Screenshot-21.jpg
グッド・アンド・バッド世帯をプレイしていたときも、グッドウィンとシンバッドの友達の筆頭に出てきたのがエイミー・ブルでした。そしてソフィアの親友で、デアンドレとも友達です。どうやらたいした社交家のよう・・・派手な服装も、カラフルなツインテールも気になります。
ということで、しばらくエイミー・ブルをプレイしてみることにしました☆←コロコロ気が変わる。

エイミー・ブルをアクティブにしてみると、まあ男友達の多いこと、多いこと!顔は個性的だけど、モテモテらしいぞ!そしてBFのマルク・ブラントとの友好度はそれほど高くない・・・。笑 ふと気になってマルク・ブラントをアクティブにしてみたら、凄腕スタイリストだったけれど、そのわりに知り合いもお友達も少なくて、なんか察してしまったプレイヤー。この二人をくっつけるのは難しいだろうな。(^_^;)
気になるエイミーのおうちですが、グリーンを基調としたなかなかすてきなおうちでした。
Screenshot-25.jpg
そして気になったのが東洋風のダイニングエリア。エイミーは東洋系なのだな。
Screenshot-28.jpg
ロフトにベッドルーム。壁を斜めに配置して鏡を張り付け、三面鏡にしてありました!なるほどー、その手があったか。
Screenshot-27.jpg
ところがですね。このお宅、実は欠陥住宅だったことが発覚しました。(^_^;)
エイミーがベッドに入って間もなく、なぜか「ガタガタに震え」だしました。
Screenshot-34.jpg
そして起き上がると、自動的に「凍る」というコマンドが!
Screenshot-35.jpg
えええ??(^_^;)と驚くプレイヤーをよそに、エイミーは冬服に着替えた途端、凍っちゃいました・・・部屋の中で。orz
Screenshot-37.jpg
そして時間だけが延々と過ぎていきます。見守るしかないプレイヤー。orz

ようやく凍り付いた体がとけて動けるようになっても、しばらく真っ青なままのエイミー。
Screenshot-39.jpg
建築モードにしてみると、どうやら変則的な屋根を作るために一部天井がない部分ができてしまっていたらしく、そのまま秋の冷たい風が外からビュービュー入るようなしかけになっていたようです。天井を作ってあげようとしても、なんかうまくいかない。かといってこのままエイミーをここに住まわせ続けると、毎晩エイミーは寒さに震えてしまうことに・・・(´・ω・`)
しょうがないので引っ越すことにしました。
引っ越す前にパーティーを開いたら、おおいに盛り上がってましたよ。
Screenshot-31.jpg
みんなエイミーととても親しいようで、あのシンバッド・ロッターもおおいに楽しんでソフィアと踊ったりしてましたよ。君たちアクティブでないと仲がいいんだね。orz
Screenshot-32.jpg

引っ越し先では、エイミーは寒さに震えることはなくなりました。笑
Screenshot-43.jpg
お祝いにまたパーティーを開くと、招待客の男性たちから次々と花束をもらうエイミー。このおじさんの前はあのシンバッド・ロッターからももらってました。よりどりみどりですな。(^_^;)
Screenshot-44.jpg
このまましばらくエイミー・ブルをアクティブにして人間模様を観察しようか、それとも社交度の高い彼女を都会に引っ越させて、都会ならではの人間関係を楽しむことにするか、目下思案中です。

この記事へのコメント