最近のプレイ事情

お久しぶりです。ぜんぜん更新をしていない間ゲームをやっていなかったわけではなく、単に更新するほどのネタが無かっただけなのですが、そうこうしている間に三か月近くも経ってしまいました。(^_^;)

遊んでいる世帯は6世帯ぐらいあるんですけれど、なんだかスクリーンショットを取らずに過ぎてしまい、そのうち時間がどんどん過ぎてしまうという悪循環に陥ってブログが滞るという。
でもまったくネタが無かったというわけではないので、とりあえずそのうちのいくつかをご紹介します。

ひとつはブリッジポートの善悪混在世帯。
吸血鬼ボー・メリックをめぐる女性三人、という構成が面白くて、女性三人それぞれを孕ませた(!)はいいけれど、三人のなかで一番頭が弱いビアンカ・ラブルに気持ちが傾いてしまい(本来はリリー・ボウ・チキと一番仲がいいのですが)結局二人と別れてビアンカ・ラブルと所帯を持つことになったボー・メリック。残った二人マリーナとリリーは、リリーが偶然手にした魔法のランプに「愛」をお願いしたら何故か同性愛に目覚めてカップルになってしまいましたとさ(いいのかそのオチは?)。ボーとビアンカの間には三人の子供が生まれ、そのうち二人は吸血鬼に。頭の弱いビアンカはボーに血を吸われて恍惚としつつも、ボーが吸血鬼だとわかってない能天気さ。うってかわって二人の娘の吸血鬼ビビアンは生まれながらの天才で、スイスイと宿題を解いたり、夕食前にハッキングしたり、あっという間に論理学スキルマックスになったりして、将来有望だったりします。黒髪のショートヘアでキャット・アイなビビアンは(ボーッとした白痴美なビアンカと違って)ミステリアスな魅力があって、将来どんなビッチになるんだろうとワクワクするプレイヤー。

ふたつめはヒドゥン・スプリングスのバンダーバーグ世帯。
王子ことセバスチアン・バンダーバーグなんですが、なんと血がつながっているのは母親だけということがプレイ中に発覚!本当の父親は誰??それがこのヒドゥン・スプリングスの最大の謎という気がする・・・そういやこの王子と王女(フランシスカ、現在別居中)二人とも父親と似てないよね・・・このご夫婦の過去にいったい何があったんやろ。(^_^;)
以下何事もなかったかのように一緒に読書する息子と父親。
Screenshot-63.jpg
ともあれ王子は王子活動をすることに。シム界のシンデレラことエラ・カーライルを口説いて口説いて口説き落として嫁にすることにしました。このシンデレラを救うのは王子じゃなくて一般人のリアム・オデューク君だという説が一般的ですが、どうもヒドゥン・スプリングスの紹介サイトを見ているとやる気のない王子をその気にさせてシンデレラを救うのが本筋っぽかったので。しかしこのシンデレラことエラちゃん、なかなかなびかない。そういや以前別枠でリアム君でプレイしていたときも結婚式をすっぽかしたりして不評を買ってたなこの子・・・。(^_^;)本当は王子の結婚式らしく盛大なものにしようとしたんですが、エラのすっぽかしが怖くて家に呼んでいるうちにチャッチャと内輪の結婚式をすませました。
Screenshot-61.jpg
王子とシンデレラが結婚までモタモタしているうちに、母親が子供を持ちたい願望を持ったので弟を生んでもらったのですが、その際に王子が「片親違いの兄」と表示されてしまったので、血のつながりがあるのは母親だけということが発覚したのでした。
Screenshot-62.jpg
それにしても奥さん、夢が「大家族に囲まれて」って・・・旦那さんとはずっと仲良くなかったんですかね?
王子とエラが結婚したらしたで、父親がエラにときめいているという。それにエラもまんざらではないご様子。シム界てこういうとこ節操がなくて面白いですね。orz

みっつめはラッキー・パームスで女性シムを作って玉の輿を狙うプレイ。
最初の標的は「銀のスプーンをくわえて生まれた男」ジェイセン・ヘンドリックスだったのですが、どうもソリが合わず友達どまりで、飲食関係のレノン・ソーサに方向転換しました。ジェイセンとレノンは友達同士なので(肉食系男子同士ともいう)、レノンと結婚した後もよくジェイセンが遊びにきていました。しかし問題が発生・・・といってもたいしたことではないのですが・・・レノンの遺伝子に問題があったのか、生まれた女の子がブサイクなこと!最初に生まれたのが女の子の双子だったのですが、
Screenshot-48.jpg
成長したらもうビックリするほどのブサイクで参った。(^_^;)
Screenshot-57.jpg
Screenshot-58.jpg
次に生まれたのが男の子で、こちらは無事ふつうのハンサムに成長。女の子がブサイクだとプレイヤーのモチベーションだだ下がり・・・卒業パーティーにはそれなりにおしゃれをさせてあげたのですが、なんせもとがもとなので激しく似合ってなくてへこみまくり。成長して大人になったので婚活をさせてあげたいのですが、ブサイクが二人も、と思うとものすごく気が重いです・・・母親の玉の輿狙いの魂胆のバチがあたったのでしょうか。
Screenshot-56.jpg
下の男の子がティーンパーティーをしたくともティーンがこの町にいないし、少子化なラッキー・パームスで双子の夫氏が簡単に見つかるわけもなく。そもそもこのプレイの目的は「玉の輿狙い」なのでレノンが死んでしまえばゲームオーバーなのですが、なんかレノン長生きだし、いつの間にか生涯の目標「五つ星シェフ」を全うしちゃったりしてるし、だんだん本筋からズレつつあるプレイでした。orz
まあでも、ラッキー・パームスはラッキー・シムオリオン・カジノを置けるし、摂政時代のアーケードも置けるし、風変りな砂漠の家を覗いたりできるし、ラスベガス周辺の奇抜なセンスを垣間見るに楽しい街なので、もう少し様子を見ることにします。無事レノンが逝ったらご喝采!(なんちゅー話運びだ)気が向いたら娘たちの婚活をビッチな母親目線で見送ろうと思います(酷い)。

そんなわけで、ちゃんとプレイはしております。
シム友さんにはプレゼントを送っているので私がプレイしていることはなんとなく察していただけたと思うのですが、このブログを見ている人は「もうシムズ3やめちゃったのかな?」とか思っちゃったりするだろうなと思い、近況を書いてみました。
まだまだシムズ3、遊び足りてませんです、はい。:)

この記事へのコメント

  • 桂馬

    こんにちは!
    ラッキー・パームスの双子ちゃん、いいですねぇ( ´∀`) 作ろうと思ってもなかなか作れない顔ですw でもきっと大人になってきつめのメイクをしたらかなり変わりそう。個性的なスーパーモデルみたいになったらかっこいいです(希望的観測)。

    ボー メリックの世帯もバンダーバーグ家も、私もプレイしました!(゚∀゚) バンダーバーグさんちは王族であるカタリナが、親に決められた結婚をして生まれたのがフランシスカとセバスティアンで、その後離婚か死別して同僚のルノーとくっついたのかなー、と妄想していましたw カタリナさんはすぐ子供を欲しがりますよねw ウチのプレイでもルノーとの間に2人は必ず産みます!(なのでいつもバンダーバーグ家は3階建てになりますw)

    あ、すみません、長くなってしまいました(;^ω^)
    今後も更新を楽しみにしています(^▽^)/
    2016年09月10日 00:08
  • puyumama

    桂馬さん
    すわ、またまたブログを留守にしている間にコメントありがとうございます!ものすごく遅いレスで申し訳ないです・・・orz

    ラッキー・パームスの双子、ちょっとありえない顔ですよね!www もうプレイヤー的にはヤケクソで血眼になって相手を探してました。そうしたプレイヤーの思惑とは別にシステムがいい仕事してくれたようで。日記にアップしますのでお楽しみに!(*´▽`*)

    善悪混合世帯て、途中まではハラハラドキドキ面白かったんですけれど、ルームメイトの三人が妊娠しちゃったところでボーっとしたビアンカとなにやらキてるリリー・ボウを後目にマリーナが「アンタ浮気者よね!きぃ!」となってしまって、それからビアンカと結婚するという流れになってしまいました。リリー・ボウ・チキは余程ボー・メリックのことが好きなのか、友達になってからもしょちゅう引っ越し先に遊びにきてはボーに色目を使っておりました。プレイヤー的にはリリー・ボウの奇抜なファッションはわりとお気に入りだったのですが、ボーはビアンカのいい加減さと巨乳がお気に召したようで・・・というか、浮気男にはビアンカぐらいにドーンと鈍重に構えた女性のほうがいいのかもしれないですね。(^_^;)

    バンダーバーグ家は最初書斎に骨壺が置いてあったりして、なんか曰くありげだったんですが、ひょっとしてあの骨壺てカタリナの元お相手だったりして?そう考えるとなんかドロドロしたドラマが憶測される・・・(^_^;)プレイヤーは幽霊が出るのが鬱陶しいので一番最初に削除してしまったのですが、今思えばあの骨壺、そのままにしておけばよかった・・・。
    ともあれカタリナさんは第二子を授かり育児に奮闘中!シンデレラことエラにもやっとチャイムが鳴ったので近々バンダーバーグ家は育児ラッシュになりそうです。
    三階建てのバンダーバーグ家、いいですね!ますますお城っぽい。当方建築センスがないので桂馬さんとこの素敵なお部屋をいつも「いーなー」と指をくわえて見ています。

    こちらのほうこそ、このような過疎ブログにコメントいただきありがとうございます。
    このスクリーンショットをサボって撮らない病をなんとかせねば・・・(^_^;)
    2016年10月02日 05:06