帰ってきたインド人一家

実はインド人一家のバックアップをとっていなかったので、新規でまたインド人一家を作ることに。今度は夫婦二人に子供一人(夫婦の遺伝を受け継ぐように作ったらなぜか白子になってしまったのでそのまま金髪碧眼にしておきました)という家族構成です。

家はこちらのものをダウンロードしました。

Traditional India by AznSensei
http://www.thesims3.com/assetDetail.html?assetId=7585740

Dreams Of IndiaIndia Inspirations Collectionのものがふんだんに使われている家です。
導入してみると、ロビーにつくられた壁のせいかシムが迷って「玄関に出られない!」とわめくので、ロビーの壁を撤去したあと少し壁をいじって動線を確保しました。それでもなぜか時折シムたちが玄関に出ては外の様子を見て何かする、という変な行動をとるので、もう少し修正が必要なのかもしれません。

新しい家に来たらさっそく踊るご主人。ヤンヤン♪
Screenshot-15.jpg
夫人は本の虫なので読書をしています。宿題をすませた子供も踊ります。ヤンヤン♪
Screenshot-16.jpg
そのうち夫人も踊り始めました。さすがです。ヤンヤン♪
Screenshot-21.jpg
ずっと踊らせておくわけにもいかないので交流ついでにチェスをプレイしてもらうことにしました。子供はコンピュータの天才なので互角に戦っているようです。「なかなかやるな」「フンフン♪」
Screenshot-17.jpg
「ねえあなた。この家には満足なのだけど、ちょっと広すぎない?」「そうだな。ルームメイトでも募集するか。」「お家賃も入りますしね。」実際、ダブルベッドが三つ、シングルベッドが二つもあるこの家は三人には広すぎるようです。そんなわけで夫妻は下宿人を募集することにしました。
Screenshot-18.jpg
翌朝、ワラワラと集まる下宿人たち。どうやら新規で自動生成されたシムたちのようです。ルームメイトを募集したときは人数とか設定できなかったのですが、ベッドの収容人数で決まるようで、ダブルベッド=二人という計算で、気づいたら五人も入ってきました。(^_^;)当然一人は子供のダブルベッドに潜り込むことになり、子供とは親しくないのでベッドの取り合いになってしまいます。仕方がないので綺麗に配置されたダブルベッドを削除してシングルベッドを追加しました。
Screenshot-23.jpg
下宿人たちが家を見回っている間、静かに子供の部屋でくつろぐ夫人。
Screenshot-24.jpg
下宿人の一人ワイルドな赤毛が夫人に話しかけてきました。ワイルドな赤毛は社交性が高いようです。
Screenshot-25.jpg
下宿人たちにはそれぞれ名前があるのですが、覚えにくいので
1ワイルドな赤毛
2臆病なライトブラック
3スポーツ好きな太っちょ娘
4真面目な丸刈り君
5帽子の子
と名付けました。帽子の子は寝間着になるとただのロングヘアになるので縮んだ太っちょ娘と一瞬見分けがつかなくなるんですが、太っちょ娘はおしゃべりなわりに退屈な話題でよく相手を気絶させているのでそれで見分けるようにしています。(^_^;)

スポーツ好きな太っちょ娘はその間トレーニングにいそしんでいました。この子、よくトレーニングしているんですがそのわりに体形が・・・。(^_^;)
Screenshot-26.jpg
翌朝も朝いちばんからトレーニングにはげむ太っちょ娘。その傍らでスマッスル・ダンスをするご主人の不真面目さが対照的。
Screenshot-28.jpg
朝起きたら料理人の夫人は下宿人たちをよんで朝食をふるまいます。席は6つしかないんですが、先に食べた人から席を立っていくのでちょうどよくローテーションされています。にぎやかな朝食もいいものですな。
Screenshot-29.jpg
パーティーをひらくとごらんのとおり大混雑に。
Screenshot-30.jpg
今日は子供カーンティの誕生日です。
Screenshot-32.jpg
カーンティはひっつめ髪のちょっと老けた?ティーンエイジャーになりました。
Screenshot-33.jpg
で、娘がティーンになっても相変わらず踊りまくる一家でありました。ヤンヤン♪
Screenshot-34.jpg

この記事へのコメント